NOIR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「薔薇。」

甘いかな、とは思った
街へ出たとき買った一輪の薔薇
母の眠る傍まで行きたいと言うから付いて行く
「潜れるようになるさ」
背中から声を掛ければ
「何時?」
と言葉を必死で飲みこんだ幼い瞳に睨まれて
小さな背中は掛けてゆく

一輪の薔薇の棘は
幼いあの子と
自分自身を
突き刺した
s氷河9
カテゴリの★カミュ氷河短短編は随分語弊があるな^^;と想いながら^^;
パラ銀に持って行く本を、考えあぐねてて、
かなり好きだった二人の師弟関係の落書きで現実逃避中^^;
当時は師弟関係の愛情が好きだったよ^^

スポンサーサイト

PageTop

「君へ。2」

笑わない君が
もういいよと
呆れて私の口を
塞ぐほど
s氷河7

PageTop

「君へ。」

君に
愛を語れたらいい
カミュ1

PageTop

「薔薇。」

お前の買ってきた紅い薔薇を
何の躊躇もなく握りつぶすほどの私の狂気を
お前は知らないだろう?
お前は永遠に
私の傍に
カミュ6

PageTop

「不意打ち。」

ふいに抱きよせて
困った顔を見るのが好き
自由にさせてやってるように感じるかもしれないけれど
お前は私のものだからね?
カミュ氷河3

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。